システムオペレータの週末

運用おつ。開発しようよ!

【PCを遠隔起動させる】MagicPacketメモ

MagicPacketとは

気づけば年の瀬ですね。28日に仕事納めしてきました。 今回は、1カ月前くらいに設定した MagicPacketについてのメモです。

MagicPacketとは、ネットワーク(LAN)上に配置されたコンピュータを遠隔より起動させるための特殊なデータ(パケット)のこと。
ちなみに、MagicPaketを利用した遠隔起動のことを『Wake-On-LAN』といいます。

ただ、起動させるコンピュータの設定、MagicPacketを送信するためのプログラムが必要です。(起動対象がLinuxとかだったら、不要かもしれません)

起動させるコンピュータの設定

今回は起動対象をWindows7とします。(他のWindowsでも大体同じだと思います)

Windows7では、ネットワークアダプタについての設定をします。

  1. スタートメニュー-全てのプログラム-管理ツール-コンピュータの管理を選択。
  2. メニューバーよりコンソールツリーの表示/非表示ボタンを有効にし、ウィンドウの左にコンソールツリーを表示。
  3. コンソールツリーよりデバイスマネージャーを選択。(ウィンドウ中央にコンピュータに接続されているデバイスの一覧が表示される。)
  4. デバイスの一覧より、ネットワークアダプタ―ツリーを展開し、設定対象のネットワークアダプターをダブルクリック。(もしくは右クリック-プロパティを選択)
  5. 詳細設定タブより、Wake on Magic Packetを有効にする。
  6. 電源の管理タブより、このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにするのチェックボックスにチェック。
  7. 同じく電源の管理タブより、Magic Packetでのみ、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにするのチェックボックスにチェック。

以上の設定を行ったら、起動させるコンピュータの設定は完了です。また、ネットワークアダプタは必ず有効にしてください。

MagicPacketを送信するプログラム

MagicPacketを送信するには、MagicSendというフリーソフトを使います。

MagicSendはGUIの画面があるので、そちらで送信を行ってもよいのですが、今回はコマンドラインより送信する設定を説明します。

コマンドラインより送信するには、次のコマンドを実行します。

MagicSend XX-XX-XX-XX-XX-XX

MagicSendは、絶対パスもしくはMagicSendをダウンロードしたディレクトリに移動し、実行してください。
また、引数に指定しているXX-XX-XX-XX-XX-XXには、ネットワークアダプタの物理アドレスを指定します。
物理アドレスはネットワークと共有センターより、対象のネットワークを選択。接続の詳細より確認することができます。


以上で起動することができると思います。 要するに、MagicSendっていうフリーソフト使えってことです。←

なにかと使うことがあるかもしれないのでメモ。

それでは、よいお年を。